NOSを使用するにあたって自身で必ずいなければならないメンテナンスについてです。
NOSを使用して普段より、パワーが落ちるような症状が出た場合要注意です。

■メンテナンス1
・ソレノイドバルブ内のフランジャー

未使用状態

未使用状態

1年経過

1年経過

2年以上経過

2年以上経過

■メンテナンス2
・フォガーノズルからジェットを抜き取り目詰まりが無いか確認。

■メンテンス3
・フォガーノズルの目詰まりがある場合はエアーで詰まっている異物を飛ばしてください。
異物を飛ばす場合、フォガーノズルのN2O側、FUEL側のIN側からエアーを噴いてください。

以前お客様の車両で、パワーが落ちる状況があったので。
メンテナンスしたところ、ジェット内に異物を発見しこれが原因だったこともあります。

メンテナンスを怠ると、最悪の場合エンジンブローの可能性があります。
FUEL側に詰まった場合ドライショットと同じ状況となります。
N2O側に詰まった場合ガソリンが濃くなり、不完全燃焼をおこしエンストを引き起こします。

是非調子の悪くなった時は、上記のメンテナンスをお試し下さい。
もし分からない事がございましたらお問い合わせ下さい。